Pelican + GitHubIO 覚書

wan, 2015-10-31(土), Pelican

pelican, python

Pelican + GitHubIO 覚書

とりあえずPelican自体の設定は ドキュメント がしっかりしているのでそれに従えばいいです。

pip install ghp-import
pip install pelican
pip install fabric

Require

blinker==1.4
docutils==0.12
ecdsa==0.13
Fabric==1.10.2
feedgenerator==1.7
ghp-import==0.4.1
Jinja2==2.8
Markdown==2.6.3
MarkupSafe==0.23
paramiko==1.15.3
pelican==3.6.3
pycrypto==2.6.1
Pygments==2.0.2
python-dateutil==2.4.2
pytz==2015.7
six==1.10.0
Unidecode==0.4.18
wheel==0.24.0

Theme

ここ でTheme一覧が見れる。 (そもそも以下のTheme使いたくてPelicanにしたTheme駆動)

% git submodule add git://github.com/molivier/nest vendor/nest

git submoduleとして入れたけど、pelicanのリポジトリにそのままThemeのファイルをぶちこんどけばよかったと後悔...

画像ファイルはcontentフォルダ内にimagesディレクトリを作りそこで管理
トップページのバックグランドの画像はnestのパラメータの NEST_HEADER_IMAGES で設定すればOK
記事それぞれの画像は記事ファイルに :Illustration: hoge.jpg 記載すればいいみたい、便利!

POST

とりあえず手順は以下。

  1. 記事執筆後、masterブランチにて fab reserve
  2. ブラウザで 127.0.0.1:8000 にアクセスして記事を確認
  3. 問題がなければ git commit -m "hogehuga"
  4. 3で出力したファイルを ghq-import output でoutputフォルダに反映させる
  5. git push origin gh-pages:master にてGitHub.IOにデプロイ
  6. git push origin gh-pages にてプロジェクトに反映

Other

snippet  head
abbr     PelicanHeader
options  head
  :Title: ${1:#:Title}
  :Date: `strftime("%Y-%m-%d")`
  :Category: ${2:#:Category}
  :Tags: $2
  :Status: draft

  ${0}

Vimだと Shougo/neosnippet.vim 等のsnippetプラグインが入っていれば、上記みたいな感じで設定していると記事を書く際に手間が省けます

ちなみに :status: draft を記載していると草稿としてアップロードされますが、 表には表示されませんので例えばAdventCallenderを書く際に役に立ちますね。

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加